第3スライド

ご利用者様の声
customer's voice

第3スライド

ご利用者様の声
customer's voice

第3スライド 第3スライド
第3スライド
第3スライド 初回体験時の状況

先天性股関節脱臼の既往があり、脚長差(足の長さの差)が2㎝以上あり歩行も杖がないと不安定な状態でした。靴下もなかなか履けず、お風呂に入る際も浴槽まで足が上がらないためシャワーのみで我慢していたそうです。長年仕事を続けられていましたが2年ほど前から股関節の痛みがひどく、仕事まで辞めざるをえない状態まで悪化していました。

第3スライド リハビリ内容

リハビリはまず股関節の可動域を向上させるための調整を行うとともに下半身の筋肉の向上を図りました。また脚長差により体のバランスが悪かったため、機械で各関節の調整を行いました。

第3スライド

リハビリを始めてまだ5ヶ月。今では股関節の痛みは最小限まで減り、室内であれば杖なしでも歩行できるようになり、靴下も履ける状態まで回復しました。

■ 股関節可動域=75度→90度

■ 5m歩行=5.28秒(杖あり)→5.88秒(杖なし)
第3スライド ご本人によるアンケート
第3スライド