第3スライド

目指す社会
Our vision

第3スライド

目指す社会
Our vision

日本での介護の現状

現在の日本では脳梗塞を発症する患者が年々増え続けていす。脳梗塞や脳出血を含む脳卒中は、日本では死因の3位、介護の原因となる病気の2位にもなっています。

日本での介護の現状

保険適用のリハビリには期間などの制限がある

脳梗塞・脳出血などの脳血管疾患(脳卒中)においては、2006年の診療報酬改定により、脳血管障害では片麻痺などで150日、高次脳機能障害を伴った重篤な脳血管障害では180日までしか入院時の保険が適用されなくなってしまったため、リハビリが十分でなくとも退院をせざるを得ないケースが非常に多くなってしまっているのが現状です。

また、外来リハビリについても、健康保険では月13単位(1単位20分)までと定められており自宅復帰をしてからの維持期(生活期)リハビリも十分な量を確保することは困難になっています。

リハビリによる改善の可能性が知られていない

一般的に脳梗塞や脳出血のリハビリは、「6か月の壁」と言われるように、発症後6か月のうちにどれだけ後遺症を改善できるかが重要と言われています。6か月経過後は、「プラトー」と言われるように症状が固定されていくとされています。

しかしながら、慢性期のリハビリによる改善が図れないわけではありません。当センターのリハビリ現場においても「車いすから杖を使って歩けるようになった」「上がらない腕が上がるようになった」「家事がやりやすくなった」など、機能改善による生活力の向上の実績は多く見受けられます。

本格的リハビリ環境が不足している

入院中のリハビリは、急性期リハビリ、回復期リハビリと言われる基本的な生活を送るための、最低限の機能回復を目指したリハビリに主眼が置かれています。

そのため、病院をはじめとした医療機関でのリハビリは、「車いすのような補助器具を用いる前提の歩行」がリハビリの目標にとどまってしまい、必ずしも積極的に「自分の足で歩けるようになる」ことを目指すものではありません。

また、退院後のリハビリ施設の中心となる介護施設、老人施設などが提供するリハビリサービスも、「これ以上悪化させない」という維持が主な目的であることからレクリエーション的なメニューが大半を占めており、いわゆるリハビリ型のデイサービスでも個別機能訓練の時間が短い、リハビリの専門家が不足しているなど、脳梗塞や脳出血のような専門的なリハビリを要する方にとっては十分な環境であるとは言えません。

現在の日本では、退院後自宅にもどった後の、本格的な改善のためにリハビリサービスが圧倒的に不足しているのです。

スターアテンダントが目指す社会

スターアテンダントデイサービスセンターは、脳梗塞の後遺症を患った方々が十分なリハビリを受けられていない実態への問題意識からスタートしました。

目指すのは、「リハビリ難民」とも言える脳梗塞後遺症を抱えるご本人そしてご家族の方々が「ご自身の生活の豊かさを追求できる」社会です。